「おすわり」と「お手」の教え方

犬の動作のしつけの基本!

 

犬のしつけ おすわり お手

犬の動作のしつけの基本はおすわりなので、まずは、おすわりから一番に教えましょう。

 

おすわりは、ササミやジャーキーなどのおやつを持ってしつけをします。

 

おやつを右手に持って犬の鼻に近づけゆっくりと上下左右動かし、
おやつを持っている手を犬の目で追わせ、おやつが手の中にあるということを覚えさせます。

 

暫くしておやつを持った右手を犬の視線が上に向くように犬の背より上に上げると犬の腰が下がります。

 

すると自然とお座りの状態になります。

 

犬のしつけ おすわり・お手・おかわり初めは上手くできないので、「お座り」を言ったら少し時間を空け、
しつこく何回も言わないようし、考える時間を与えます。

 

上手く出来たら大げさにたくさん褒めることです。

 

こうしたら褒めてもらえるということを覚えさせます。

 

人間と同じですね。

 

お手とおかわり

 

お座りができたら次にお手、おかわりを教えます。

 

まず、小犬を正面に座らせ、落ち着かせます。

 

次に、犬の右手を持ち上げて「お手」と言います。

 

そしておやつを与えて褒めます。

 

これを何回も繰り返すことで手を上げればおやつが貰えて褒められということを認識させます。

 

お手、おかわりのしつけは、間をおくと忘れてしまいますので、毎日少しづつ練習するようにします。

 

お手、おかわりを同時にしつけすると犬も混乱してしまいますので、お手ができてから、おかわりも同じようにしつけします。

 

しつけの基本はアイコンタクト

 

全てのしつけの基本となるアイコンタクトというのがあり、犬のすべてのしつけはこのアイコンタクトから始まります。

 

アイコンタクトの方法はまず名前を呼び、犬が飼い主の方を向き、目を合わせたら大げさに褒めます。

 

最初のうちは、おやつなどを与えながらすると効果があります。

 

なかなかアイコンタクトが出来ないときは、おやつを飼い主の顔に近くによせて名前を呼び、
犬が飼い主と自然と目線が合うようにしていくと上手くアイコンタクトができるようになります。

 

きちんとアイコンタクトが出来たら大げさに褒める事を忘れないようにします。

 

アイコンタクトは、飼い主との上下関係を愛犬にはっきりさせるものなのできちんと覚えさせると今後のしつけも正しく、
スムーズに出来るようになります。